北河内4市リサイクルプラザ:愛称「かざぐるま」

公害等調整委員会の裁定で健康被害との関係を否定

かざぐるまの操業と付近住民の健康被害に因果関係があるとして争われていた案件で、国の機関である公害等調整委員会は、平成26年11月19日付けで『かざぐるまの操業と健康被害には因果関係が無い』との裁定を行いました。

これまで、因果関係があるとして操業差止を求める裁判も行われ、平成23年1月、大阪高裁で今回と同様、「かざぐるまと健康被害との間に因果関係は無い」との判決も言い渡されています。

「かざぐるま」の安全性は、今回の公害等調整委員会の裁定によっても、改めて確認されました。